思い出の線

先日、物件査定のご依頼を頂いた
お客様のお宅に査定にお伺い致しました。

 

お家の中を、拝見させて頂きまして
私の、小さい時の思い出や、記憶が
思い出されてきました。

 

色々な部分を、拝見していましたら
柱に、鉛筆やマジックなどで
何本も、何本も線と日付が、書いてありました。

 

ひょっとしたら、成長の記録かな?と
思いましたので、お客様にお聞きしてみたところ
やはり成長の記録とのことでした。

 

お客様のお父様が、よく書いておられたみたいで
よく、この柱に立つように、言われておられたみたいです。

 

私も同じように、してもらっていたな・・・
と思い出しました。

 

当時の私は、貸家で暮らしておりましたので
今となっては、見ることは出来ませんが
身長が、大きくなるたびに、父や母が褒めてくれたことなどの
思い出のお話しを、お客様としました。

 

最近は、あまり見かけなくなってしまいましたが
久しぶりにみると、小さい時の思い出が、いっぱい出てきます。

 

本当にお家は、良くも悪くも、思い出の塊だなと思います。

 

大切な資産でありますが、思い入れが有ればあるほど
お客様にとっての、資産価値も高くなりますよね。

 

物の価値を決めるのは、本当に難しいことです。

 

現実的、事務的になら、比較的簡単かもしれません。

 

さまざまな場合に、最適なご提案が
出来るように、これからも勤勉に励んでまいります。

 

坂本

 

 
トップへ戻る